11.京町家の知恵をいかして住宅を建てたい

京町家の知恵をいかした住宅(新町家)を建てたい

 京都市では,京都らしい町並み景観を保全し,生活文化を継承していくため,今ある京町家を保全・継承するだけでなく,京町家の知恵をいかし,既存の京町家と共存できる新築等の住宅「新町家」の普及に取り組んでいます。

 新町家は,「生活文化の継承と発展」「趣のある町並みの形成」「伝統技術・技能の継承」を実現することを目指しており,伝統的な京町家を単純に模倣するのではなく,京都の長い歴史の中で培われてきた京町家の知恵を受け継ぎながらも,時代のニーズに合った,新しい京都の住宅です。

新町家のロゴマーク

新町家ロゴマーク京町家のシルエットと「新」の文字を表現しています。
また「格子」「虫籠窓」「暖簾」などのモチーフをデザインに取り入れています。
>新町家に関するチラシ(PDF)
チラシ表面
チラシ裏面

ガイドブック「新町家のすすめ」

 京町家の知恵をいかした住宅を建てるための考え方や,伝統的な京町家の知恵をいかすための工夫について解説したガイドブック「新町家のすすめ」を作成しています。設計する際に重視すべき項目を,以下の5つの指針として整理しています。新町家を建てる際の参考としてください。

5つの指針

指針1 まちに暮らす 隣地の状況を踏まえて建物配置を計画する
指針2 場所になじむ 地域特性や歴史を踏まえて設計する
指針3 季節や自然を楽しむ 季節や自然を楽しめるよう工夫する
指針4 大切に使う 大切に長く使い続けられるよう工夫する
指針5 和の技を感じる 伝統技術・技能をいかす
新町家のすすめ表紙

>新町家のすすめ(概要版)(PDF)
>新町家のすすめ(本冊)(PDF)
>京都市情報館においてデジタルブックとしても公開しています。

新町家パートナー事業者の紹介

 京町家の知恵をいかした住宅である「新町家」の普及啓発を目的に,新町家を普及させる趣旨に賛同し,その建築や普及啓発に取り組む事業者を「新町家パートナー事業者」として募集し,その事業者名や新町家の普及に関する取組を紹介しています。

新町家パートナー事業者を探す

 新町家の趣旨に賛同し,京町家の知恵を取り入れた住宅の供給など,新町家の普及に取り組む事業者(新町家パートナー事業者)について紹介しています。京都市内で住宅を建てる際の参考にしてみてください。
>新町家パートナー事業者(設計+施工会社)
>新町家パートナー事業者(設計会社)
>新町家パートナー事業者(不動産業)

新町家パートナー事業者(設計+施工会社)

名称(所在地・電話)
(※1)
会社概要・PR新町家の 5つの指針(※2)のうち, 得意な内容新町家の事例
New
株式会社アラキ工務店
(京都市右京区梅津高畝町52番地の2
電話:075‐882‐8668)
当社が考える新町家
京町家をはじめとする古家の修繕、古材を活用した住宅の設計施工。 伝統的な意匠と技術を新町家に継承しつつ、魅力的な京都の景観が保てるよう日々努めております。【指針1】隣との連担,まちとつながる仕掛け
【指針2】地域特性を踏まえたデザイン,間口の狭い敷地(うなぎの寝床)での計画,景観に配慮した設備設計
【指針3】庭,しつらい空間,伝統的な様式と省エネとの両立
【指針4】メンテナンスしやすい,自然素材,多様な使い方ができる間取り,古材や古建具の活用
【指針5】和瓦,土壁・漆喰壁,和室,畳,伝統構法
事例1(付虫籠のある新町家)
新町家の写真

事例2(焼杉の家)
新町家の写真
株式会社林工務店
(京都市伏見区淀際目町343
電話:075-631-0888)
当社が考える新町家
京町家の伝統である住まいの知恵を取り込むパッシブ設計(太陽光,通風といった自然エネルギーを利用して心地よく暮らせる住まいをつくるための設計)を得意とする弊社は、創業50年で培われた技術と、一早く採用した高断熱・高気密の新技術の実績23年とのハイブリット技術で高性能新町家を創り上げます。

京都の長い歴史を見届けてきた京町家から、未来の京都へ引き継いでいく新町家 へ繋ぐ架け橋となる工務店を目指し日々精進しております。
【指針1】隣との連担,まちとつながる仕掛け
【指針2】地域特性を踏まえたデザイン,間口の狭い敷地(うなぎの寝床)での計画,景観に配慮した設備設計
【指針3】庭,しつらい空間,伝統的な様式と省エネとの両立
【指針4】メンテナンスしやすい,多様な使い方ができる間取り
【指針5】和瓦,和室,畳
事例1(T様邸)
新町家の写真
株式会社中藏
(京都市中京区西ノ京池ノ内町24-12
電話:075-841-0182)
当社が考える新町家
「ひと、まち、わざをつなぐ」を理念に掲げ、京都の美しい町並みを守り後世へとつなげるための家づくりをしています。京町家と軒を連ねたとしても、町並みとしての調和を崩さないよう、中藏の家は、新築でありながら京町家の意匠のエッセンスを採り入れた外観のデザインや質感を得意としています。それでいて、快適に長く住まうことができるよう性能にもこだわり、京町家の知恵に最新技術を取り入れた家づくりを得意としています。【指針1】隣との連担,まちとつながる仕掛け
【指針2】地域特性を踏まえたデザイン,景観に配慮した設備設計
【指針3】庭,伝統的な様式と省エネとの両立
【指針4】メンテナンスしやすい,自然素材,古材や古建具の活用
【指針5】土壁・漆喰壁,和室,畳
事例1(光の家、集える庭)
新町家の写真
株式会社棲み家
(京都市山科区西野櫃川町50-1
電話:075-582-6100)
当社が考える新町家
当社では設計士がお客様の担当者となり、ご希望を直接お伺いしてプランニングしています。無添加住宅という高気密の住宅に不可欠な仕様を採用し、京都という土地で快適に過ごせる工夫がなされた京町家のアイディアを取り入れた間取り・しつらえ・素材のご提案を行っております。京都出身のスタッフばかりですので、地域特有のつながりを意識した対応が可能です。
【指針2】地域特性を踏まえたデザイン,間口の狭い敷地(うなぎの寝床)での計画,景観に配慮した設備設計
【指針3】庭
【指針4】メンテナンスしやすい,自然素材,多様な使い方ができる間取り
【指針5】土壁・漆喰壁,和室,畳
事例1(I様邸)
新町家の写真
株式会社竹内工務店
(右京区嵯峨釈迦堂門前瀬戸川町4-7
電話:075-882-7878)
当社が考える新町家
「京の木で家づくり」をテーマに地産地消型の家づくりを進めています。
木の家、木楽の家等木を活かし素材と職人の手仕事を大切にした家づくりをしています。
竹内工務店では,京町家の知恵を引き継ぐエコロジーな建物であり,京の文化を大切にする住まいである新築京町家(新町家)の建築に従来から取り組んでおります。
【指針1】隣との連担,まちとつながる仕掛け
【指針2】地域特性を踏まえたデザイン
【指針3】しつらい空間
【指針4】自然素材,多様な使い方ができる間取り
【指針5】和瓦,土壁・漆喰壁,和室,畳,伝統構法
事例1(紫野の家)
新町家の写真

事例2(双ヶ岡の庵)
新町家の写真

>新町家パートナー事業者の紹介 トップに戻る

新町家パートナー事業者(設計会社)

名称(所在地・電話)
(※1)
会社概要・PR新町家の 5つの指針(※2)のうち, 得意な内容新町家の事例
滝本一級建築士事務所
(京都市上京区筋違橋町570-2 (左京アトリエ)京都市左京区山端川端町34
電話:075-746-2926)
当社が考える新町家
日本人が古来から残してきた「和」の心に重きを置いて建物を考えています。

それは視覚的にだけではなく、肌にふれ、趣、歴史、知恵など、たくさんの物が含まれます。京町家も例にもれず、こういった先人たちが残したものが凝縮されています。そういったものを現在の建物にも生かせるよう考察してご提案をさせていただいています。
【指針1】隣との連担
【指針2】地域特性を踏まえたデザイン,間口の狭い敷地(うなぎの寝床)での計画
【指針3】庭,しつらい空間,伝統的な様式と省エネとの両立
【指針4】自然素材,多様な使い方ができる間取り,古材や古建具の活用
【指針5】和瓦,土壁・漆喰壁,和室,畳,伝統構法
事例1 (K邸)


事例2(南禅寺I邸)

>新町家パートナー事業者の紹介 トップに戻る

新町家パートナー事業者(不動産業)

名称(所在地・電話)
(※1)
会社概要・PR新町家の 5つの指針(※2)のうち, 得意な内容新町家の事例
株式会社八清
(京都市下京区東洞院通高辻上る高橋町619番地
電話:075-341-6321)
当社が考える新町家
1963年(昭和38)から不動産業者として京都の町の移り変わりを見つめ、町づくりの一角を担ってきました。当初は建売・注文住宅の販売を行っておりましたが、2001年頃から、京町家を中心とした中古住宅の再生販売にシフト。 伝統構法に対する改修技術の研究を重ねながら、建物や地域の特性に合わせたバリエーション豊かなコンセプトでリノベーションを手掛けてきました。2020年現在、京町家の改修件数は450件を超えます。また建物の改修とともに路地の再生や、大型京町家に対するリーシングや利活用提案などを行いながら中古再生事業に取り組み続けています。改修で培った伝統構法の技術で、2018年は連坦建築物設計制度を利用し、伝統構法による京町家の新築分譲の取り組みにも成功しました。【指針1】隣との連担
【指針2】地域特性を踏まえたデザイン,間口の狭い敷地(うなぎの寝床)での計画,景観に配慮した設備設計
【指針3】庭,しつらい空間
【指針4】自然素材,古材や古建具の活用
【指針5】和瓦,土壁・漆喰壁,和室,畳,伝統構法
事例1(ゑびす小路)
新町家の写真

事例2(京つむぎ)
新町家の写真

※1 リンクをクリックすると各パートナー事業者のページに移動します。

※2 新町家の5つの指針

>新町家パートナー事業者の紹介 トップに戻る

「新町家のすすめ」の取り入れ方の実例の紹介

 各新町家パートナー事業者が考える,京町家の知恵を取り入れた住まいの事例(「新町家のすすめ」の取り入れ方の実例)を紹介しています。

名称建築主(事業者)
(※1)
設計者
(※1)
施工者
(※1)
取り入れた指針(※2)設計コンセプト・ポイント内覧
New
付虫籠のある新町家

新町家の写真
株式会社アラキ工務店一級建築士事務所株式会社アラキ工務店1,2,3,4,5施主様から京町家風の外観を再現したいというご希望を受け、法22条区域内に新築させていただきました。1FにLDK+水廻り、2Fに浴室+WCという間取りではありますが、内外装共に無垢材をたくさん使い、使い勝手と細部納まりに拘りを持った、快適で温かみのあるお住まいとなりました。×
New
焼杉の家
新町家の写真
株式会社アラキ工務店一級建築士事務所株式会社アラキ工務店1,2,3,4,5閑静な住宅街に立つ、木造住宅です。総2階のシンプルなお住まいですが、下屋庇、玄関土間、濡れ縁などの中間領域を介して、外部とのつながりを持たせています。外壁の焼杉板張りは、防火認定の下地材を使用し、準防火地域対応としています。×
K邸
新町家の写真
滝本一級建築士事務所もろとみ工務店1,2,3,4,5お茶屋併用住宅。もともと置屋だった建物を老朽化の為、建て直す事になりましたが、以前の京町家の外観意匠を継承し、現代の建築基準法に沿って建築し直し、以前よりももっと仕込みさんが入れるように容積(床面積)を増やす為3階建てにしました。外見にはなるだけ防火設備であるアルミニュウムのサッシュが見えないよう天然木材でカバーしたり、防火壁を立上げるなどして木製建具を使用しました。×
南禅寺 I邸
新町家の写真
滝本一級建築士事務所ツクシ工業株式会社1,2,3,4,5左京区・哲学の道に近い立地であることをふまえて建物自体の趣き、隣地や哲学の道から眺めた時の美しさ、山々を眺めた美しさを演出して静かなたたずまいと生活空間を計画しました。 近隣の門構えに合わせ、通りの趣にも配慮しました。狭い道路事情に配慮し、車の通行にも安全な配置計画としました。 内部環境は京町家にならい、間仕切りはふすま用いて仕切り、場合によっては外して広間として使用したり、離れの居室は全て畳とし、二面を庭に面して季節の移ろいを座敷から楽しめるようにし、風も通るように計画しました。×
T様邸
新町家の写真
株式会社林工務店株式会社林工務店1,2,3,4,5京町家と言えば、間口が狭く奥行きが長い、言わば『うなぎの寝床』が有名です。 その『うなぎの寝床』を絵に描いたような敷地が今回の舞台であります。二世帯住宅 + 整体院が融合するため、住み分け重視の間取りを提案。 奥行きが長い敷地に、奥行きの長い建物の為、明かり取りに中庭を設け、従前のお庭を忠実に再現しました。外観ファサードは町並みに溶け込みながら、どこか新しい新町家を表現しました。×
光の家、集える庭
新町家の写真
S様株式会社中藏、建築設計事務所 イシダ・ハタナカ スタジオ株式会社中藏1,2,3,4,5南面が道路に面し残り三方は隣接する建物に囲まれるという立地条件から、建物を口の字型にして、中心に中庭を設けました。中庭は二世帯住宅であるこの家のそれぞれの世帯を緩やかに仕切り、また時に自然とつなげる役割も担っています。外観は左官壁や格子など町家の伝統的な意匠を継承した、周囲の町並みにも美しくとけこむ佇まいです。×
新築京町家分譲「京つむぎ」
新町家の写真
株式会社八清非公表非公表1,2,3,4,5【新耐震基準を満たす伝統構法の京町家】
主事業で行っているリノベーションでは耐震性を数字上で実証することが難しいですが,本件は限界耐力計算によって担保した安心・安全な京町家を新築することに試みています。
【一棟では再建築困難な路地奥の再開発】
再建築が困難な路地奥の土地を、既存の建物を含む一団の敷地として「連担建築物設計制度」を適用させ有効活用しました。
×
新築賃貸戸建住宅「ゑびす小路」
新町家の写真
株式会社八清有限会社スペースグラフィティ一級建築士事務所株式会社亀田工務店1,2,3,4,5【昭和時代ににぎわった市場跡地の有効活用として計画した、新築賃貸戸建住宅】
奥行き約60m、間口約8mの市場跡地に、「路地」に沿って建ち並ぶ長屋の町家を再現。
1LDK~3LDKのファミリー向け賃貸戸建住宅としてご利用いただいています。
×
I様邸
新町家の写真
I様株式会社棲み家株式会社棲み家1,2,3,4,5今までに住んでおられたお住まいが非常に広々としていたので、今回の提案で「敷地のせいで狭くなった」と思って頂かないように視線の動きや光の操作をし、実際の土地の広さを超える空間を感じられるような演出にお施主様共々取り組みさせて頂きました。×
双ヶ岡の庵
新町家の写真
空間工房用舎行蔵一級建築士事務所株式会社竹内工務店1,2,3,4,5 京都市右京区に建築された、二世帯住宅の中規模のお住まいです。
外観は瓦屋根の大壁作り、窓には木格子を組み込む伝統的な様式を踏まえて設計されました。
屋根は平入の形で、大屋根と下屋屋根とガレージ・門が一体となって、大きな屋根の流れを形作り、整った外観となっています。
×
紫野の家
新町家の写真
トヨダヤスシ建築設計事務所株式会社竹内工務店1,2,3,4,5出来るだけ自然素材に囲まれて生活がしたいとのご要望を取り入れ、内装は無垢木材、藁入りの珪藻土で仕上げました。 寝室は土壁となっており、蓄熱、断熱、調湿性という優れた機能を取り入れています。材料一つ一つを丁寧に選ばれ、お施主さまのこだわりがたくさん詰まった心地の良い木と左官の空間になりました。×

※1 リンクをクリックすると各パートナー事業者のページに移動します。

※2 新町家の5つの指針

>「新町家のすすめ」の取り入れ方の実例の紹介 トップに戻る

新町家パートナー事業者の募集

 新町家の趣旨に賛同し,京町家の知恵を取り入れた住宅の供給など,新町家の普及に取り組む事業者(新町家パートナー事業者)を募集しています。

1 新町家パートナー事業者になると

⑴ 京都市のホームページで紹介

 京都市のホームページで,新町家パートナー事業者の会社概要や建築実例(新町家の指針を踏まえたもの。京都市内物件に限る。),オープンハウス等の新町家に関するイベント情報等を紹介します。

>新町家パートナー事業者の紹介
>「新町家のすすめ」の取り入れ方の実例の紹介

⑵ 新町家パートナー事業者証の交付

 新町家パートナー事業者証(A4サイズ)をお渡しします。

新町家パートナー事業者証

⑶ 新町家ロゴマークの使用

 新町家パートナー事業者は,新町家に関する取組を行う際に,新町家ロゴマークを使用することができます。
>新町家ロゴマーク使用ガイドライン(PDF)

2 応募要件

 新町家パートナー事業者は,下記を全て満たす者とします。

⑴ 住宅の設計,施工又は供給を行う者であること。

⑵ 令和2年3月に京都市が発行した「新町家のすすめ」を踏まえて,自己が管理するホームページに,「自己が考える新町家」について掲載するとともに,京都市の新町家のホームページのリンク付けをしていること

 京都市ホームページリンク先:https://kyomachiya.city.kyoto.lg.jp/shinmachiya/

>ガイドブック「新町家のすすめ」

⑶ 新町家の普及啓発に係る取組を行う予定があること

⑷ 平成19年9月1日以降に工事に着手した,京都市内の住宅※(新町家の5つの指針のうち,3つ以上の指針を取り入れたもの(適法に建築等されたものに限る。ただし,指針2は必須。))の建築又は改修を手掛けた実績があること。

 ※ ここでいう「住宅」とは,昭和25年11月24日以降に新築工事に着工した建築物であって,新町家パートナー事業者への応募の時点でその全部又は一部を住宅の用に供するものをいいます。

⑸ 京都市暴力団排除条例第2条第4号に規定する暴力団員等又は同条第5号に規定する暴力団密接関係者でないこと。

⑹ 過去5年以内に建築士法又は建設業法の規定に反して,罰則を受けていないこと。

>応募要件についてのQA(PDF)

3 応募方法

 必要書類を,E-mail,FAX,郵送又は持参により,京都市京町家保全継承担当まで提出してください。「物件情報シート」については,データ(E-mail又はCD-R(USBは不可。))も併せて提出してください。

※ 応募は随時受け付けています。

※ 新規登録の場合は,「応募用紙」「物件情報シート」「新町家チェックシート」を提出してください。

※ 物件の追加登録の場合は,必要書類のうち,「物件情報シート」と「新町家チェックシート」を提出してください。

※ 新町家に関するイベント情報の掲載を希望する場合は,「新町家イベント情報掲載依頼書」を提出してください。

必要書類

 >応募用紙(Word)
 >物件情報シート(Word)
 >新町家チェックシート(Word)
 >新町家イベント情報掲載依頼書(Word)

問合せ・提出先

都市計画局まち再生・創造推進室(京町家保全継承担当)
京都市中京区寺町通御池上る上本能寺前町488番地(分庁舎2階8番窓口)
TEL:075-222-3503
FAX:075-222-3478
MAIL:machisai_kyomachiya@city.kyoto.lg.jp

4 公表の内容変更・公表の中止

⑴ 公表の内容変更

 応募内容に変更が生じた場合には,変更届をE-mail,FAX,郵送又は持参により,提出してください。内容を確認後,ホームページでの掲載内容を変更します。
 公表を中止したい場合には,掲載取下届をE-mail,FAX,郵送又は持参により,提出してください。内容を確認後,ホームページでの掲載を削除します。

届出の書式

 >変更届(Word)
 >掲載取下届(Word)

⑵ 公表の中止

 以下のいずれかに該当すると認められた場合は,新町家パートナー事業者としての資格を失うものとし,京都市ホームページでの,新町家パートナー事業者としての公表を取り止めます。

ア 法令に反する行為を行ったとき

イ 2の応募要件を満たさなくなったとき

ウ 事業者が倒産したとき

エ 事業者から掲載削除の申出があったとき

オ その他新町家パートナー事業者として不適格と認められるとき

5 手引

  >取組の手引(PDF)